branding
  • ブランディング&施設開発
  • リノベーションプロデュース
  • ショップ&レストラン
  • サイン&ディスプレイ
exhibition-event
  • 全国巡回展覧会総合プロデュース
  • イベントプロデュース
  • ゴッホ展

branding

サイン&ディスプレイ

受け手の情動記憶に訴えかけるサイン&ディスプレイ

圧倒的に高品位なマインド&クリエイティブ・・必要となる力
ネオスペースに課せられた〈常に結果が求められる厳しい環境〉の蓄積が新たなデザインを世に送り出す力に繋がっている。

・ことばの力/デザインの力
・抽象力/造形力/発想力/直感力
・システム構築力/認知科学知識力

〈インフォグラフィック・・・データや情報をデザイン〉
自分が意味を表現したフォルムと他者が認識する意味の合致 = 伝達
洗練されたアイコンの大切さ

記憶に残るサインとは・・・忘れられないサイン
認知~判断~行動
・・・実は、人間の脳は認知する前に判断を下している…

【サインは体感するものへ】

コンセプト設定・・・ストーリー設定
変革の起動力 = 挑戦・・・時代との対峙・・・何が新しい?
サイン&ディスプレイで活性化は実現するか?
ネオスペースがサポートします。

施設ブランディングや活性化、商品や事業のプレゼンテーション空間の創造。
対象の施設特性やPR のポイントを活かす〈空間演出デザイン〉。
コンセプト設定~高品位な空間づくり~プレゼンテーション企画制作まで、一貫したサポートを展開しています。

相模大野ロビーファイブ

相模大野ロビーファイブ 2021 相模大野ロビーファイブ 2021

複数の形の異なる建物で構成された商業施設。独自性の強いサインシステムを構築し、全体の統一感は基より、明るく新しい街のイメージを創出。

サービス業中心のテナント構成の施設に合致した新たなV.I.を設定。施設を象徴するカラーであるエメラルドグリーンを基調に、シンボルカラー、シンボルマークを刷新しオリジナルピクトを新設。それぞれ独自の工夫を凝らして子育てをする動物の家族を、ここに暮らすたくさんのファミリーのライフスタイルに重ね合わせ、コンセプトビジュアルとした。更に"LOBBY5 VISION"と名付けたデジタルサイネージのあるステージを設置。シンプルな環境設定から多様な利用方法を創出した。

詳細はこちら

甲府市役所 新市庁舎C.I サイン計画

甲府市役所サイン計画 2013 甲府市役所サイン計画 2013

建築計画を吟味し展開コンセプトを創出!親しみやすさをC.I やサインで表現

甲府市の新市庁舎建設に伴い、新たに施設の「顔」となるロゴマークを設定。綿密なサインシステムの構築を通し、市民に親しみやすいイメージを持っていただくことで、来庁時に不安や不満を抱かせない案内役としての役割をはたす。ユニバーサルデザインやバイリンガル表記にも重点を置いた。ロゴマークの設定は、建築意匠と連動させた意味合いを持つVI として発展させ、お硬いと感じる行政イメージの払拭を図った。日本サインデザイン大賞(SDA賞)入選。日本ディスプレイ年鑑掲載。新建築(建築専門誌)表紙採用。(cl, 甲府市)

詳細はこちら

殿原倶楽部(サイン)

殿原倶楽部 2016 殿原倶楽部 2016

未来指向のやわらかいラインによるロゴマークを基調に、メリハリのあるサインシステムを構築

ショートコースの名門・殿原カントリークラブが「殿原倶楽部」としてリノベーション・オープンした際に、ゴルフ場を含む施設内の全サインをリニューアル。頭文字の〈T〉をイラスト風の柔らかいラインで表現。種から発芽する植物や無限を意味するインフィニティの意味合いを加えた。ロゴタイプは、クラシカルな書体の中にアクティブに映えるカラーをあしらい開放感を創出。グッズデザインも合わせてイメージを統一。比較的男女ともに好むフレッシュな色彩計画とする中で、地域のコミュニティの場としてふさわしいイメージ創造を目指した。

詳細はこちら

スパランド ホテル内藤(サイン)

スパランド ホテル内藤 2016 スパランド ホテル内藤 2016

「リフレッシュ・リゾート」を新コンセプトに据えた人気温浴施設のリノベーションに合わせた全館サインシステムの構築

温浴施設・飲食娯楽施設・宿泊施設をつなぐ総合案内と各スポットのサインを統一的に計画。利用客が心身ともにリフレッシュできる施設を目指す中、感覚的認知を促すピクトシステムをオリジナルで構築。リフレッシュをイメージするキービジュアルパターンを設定するとともに、ベースカラーを固定し多様なサインを明快に分類。ユニバーサルデザインにも配慮した視認性の高いデザインとした。(cl, 株式会社内藤ハウス)

詳細はこちら

やまなしフルーツ温泉 ぷくぷく(サイン)

やまなしフルーツ温泉 ぷくぷく 2011 やまなしフルーツ温泉 ぷくぷく 2011

甲州八珍果に起因する「フルーツ」や「ワイン」をイメージするサインビジュアルとコピーライティングを融合!

キーワードの「やまなしフルーツ温泉」はオリジナルコピー。(商標取得)「果物× 温泉を楽しむ」をコンセプトに、施設内を〈桃・葡萄・ワイン〉のイメージで統一し、癒し・美・健康を追求する都会の女性たちの好奇心を刺激する。画一的になりがちな公共温浴施設を、〈楽しさや親しみやすさあふれるデザイン〉で包み込んだ。隣接するフルーツパークからのアプローチ階段には、甲州八珍果を解説するサインが点在し、知的好奇心も満足する構成となっている。

詳細はこちら

ふじさんデッキ ~光と雲の展望台~

ふじさんデッキ〜光と雲の展望台〜2018 ふじさんデッキ〜光と雲の展望台〜2018

日本の象徴、富士山を眼前に望む観光施設。姿が見えない時でも富士山を身近に感じられるよう、その魅力をさまざまな表現で紹介。

誰もが愛する富士山に抱かれた時を過ごせる展望台として企画演出デザインを展開。富士山と建物の特徴をシンプルに表現したロゴマークをはじめ、「ふじさんデッキ」において、サインの役割は単に誘導するだけではなく、期待感や特別感を与える〈語りかけるサイン〉をコンセプトに、親しみやすく、オシャレで可愛らしさのあるものとした。

詳細はこちら