branding
  • ブランディング&施設開発
  • リノベーションプロデュース
  • ショップ&レストラン
  • サイン&ディスプレイ
exhibition-event
  • 全国巡回展覧会総合プロデュース
  • イベントプロデュース
  • ゴッホ展

exhibitionevent

イベントプロデュース

催事や会などを指し示す【イベント】の概念は、人々の欲求の多様化に伴う行動変化や、激変する社会環境やメディア利用形態を背景に、その規模や手法も限りなく変化を続けている。

ネオスペースは新たな時代を創造する文化・商業・行政など幅広い分野のイベントを数多くプロデュースし続けている。

イベントは、政治・経済・文化などの様々な場面で啓蒙・ブランディング・活性化・販促・PR 等を目的として実施されており、鮮度のある情報や美的体験を共有し共感する複合型コミュニケーションである必要があると考える。

イベントに関する専門的な知識やプロデュース技能を大切にし、論理的・創造的思考を働かせ、コンセプト設定と基本計画の立案から、魅力的な企画・演出による独創的なイベント制作を展開している。

全てのデザイン・イベントは、題材となる対象の【ブランド化】と深く関わっている。
目的自体が対象のブランド化であることは多い。

ネオスペースはブランド化とそれに至る人間の行動特性は密接であると考えている。
人間の行動特性を探る根拠として、ネオスペースは常に脳科学に関する研究に注目している。

◉ネオスペースのアートとデザインの捉え方
アートは問題を提起し、
デザインは問題を解決する

〈壁を乗り越えるポイントは問題解決/ソリューション〉

東京スカイツリー® タワー内全館シーズン特別装飾

東京スカイツリー 空間演出企画デザイン 2012 東京スカイツリー 空間演出企画デザイン 2012

東京スカイツリーOPEN時から5年間の空間演出企画デザイン~設置を継続的に担当。

ネオスペースは、2012年OPEN当初よりタワー内全館のシーズン特別装飾を担当。企画デザインから設計・製作・現場施工までトータルでサポートを展開。印象に残る特別装飾や期間限定のフォトスポットで訪れた人の記憶に呼びかけ、話題の創出やリピート対策に尽力。東京スカイツリー® 公式キャラクター「ソラカラちゃん®」などのFRP 造形物や、ハロウィンイベントに合わせたキャラクターイメージの巨大カボチャの制作、柱やガラス面の装飾などに毎回様々な工夫を凝らしている。前展開の撤去から新規の装飾完了まで約7時間30分という厳しい制約や、特殊な施設特性を克服しながらスカイツリーシーズン装飾の基礎を築いた。(cl, 東武タワースカイツリー株式会社)

詳細はこちら

スターウォーズ ジャパンプロジェクト

スターウォーズ ジャパンプロジェクト 1995 スターウォーズ ジャパンプロジェクト 1995

映画公開に先立ち全国展開された2 年間にわたるプロモーションイベント!

プリクエルトリロジー「スターウォーズ・エピソードⅠ」映画公開に先立ち、世界5 カ国で展開されたプロジェクトの一つ。主人公ルークの愛機 [X-Wing Fighter](原寸大全長9M)が、[ ダースベイダー] や[ ストームトルーパー] たちと共に来日。イベント企画運営をネオスペースが担当。主要会場では、撮影用原寸モデルや映像展示に加え、アクターによる実演・特殊音響・レーザー光線等をミックスしたライブイベントを開催。有楽町マリオンスペースからスタートし、各地のテーマパークやSCのパブリックスペース等を含め、全国各地で神出鬼没イベントを展開、大きな話題となった。(cl, 20 世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン/凸版印刷株式会社)

詳細はこちら

SNOOPY~LOVE GINZA

SNOOPY~LOVE GINZA 2010 SNOOPY~LOVE GINZA 2010

ピーナッツの魅力をいろんな角度から再発見!銀座ソニービルがスヌーピーで一色に!

ピーナッツコミック60 周年を記念し、銀座ソニービルを丸ごとスヌーピーがジャック!ショーウインドウ、エントランスホールのメインディスプレイやソニービル各フロアで展開するスヌーピーのコミック「ピーナッツ」関連の展示、ソミドホールでのショー等をネオスペースが担当。60 周年ヒストリーやキャラクター紹介&関連グッズ情報などのパネル展示のほか、海外の一流ブランドとコラボしたスヌーピーのファッションドール展示など、迫力満載の展開となった。(cl, ソニー・クリエイティブプロダクツ)

詳細はこちら

リサとガスパール ソニービルへいく

リサとガスパール ソニービルへいく 2008 リサとガスパール ソニービルへいく 2008

フランス生れのおしゃれでかわいい絵本「リサとガスパール」。ジオラマや記念撮影など、キュートな二人の世界をソニービル全館で展開。

累計発売170 万部(開催時)。パリに住む元気な女の子の「リサ」と心優しい男の子「ガスパール」が巻き起こすお茶目ないたずらを描いた絵本の世界。パネル展示や商品紹介をはじめ、ジオラマ展示や記念撮影コーナーの設置、「リサとガスパール」のグッズが当たるスタンプラリーなど、絵本だけでは味わえない世界を展開。絵本画像を背景に女優 原田知世が読み聞かせをする上映会も開催した。また、絵本紹介コーナーでは、現在までの絵本の紹介と閲覧出来るコーナーも設置した。(cl, ソニー・クリエイティブプロダクツ)

詳細はこちら

エコチル/環境省「子どもの健康と環境に関する全国調査」

エコチル(環境省:「子どもの健康と環境に関する全国調査」)2011 エコチル(環境省:「子どもの健康と環境に関する全国調査」)2011

調査の重要性を周知し、参加を促す広報をプロデュース。キャラクターに[ピーナッツ]を起用し、事業内容への信頼ある展開の構築を支援。

赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときから、13歳になるまで健康状態を定期的に調べる出生コホート(集団を追跡する)調査。その詳細をわかりやすく伝えるイメージシンボルを設定。全国のユニットセンターのモデルケースとして、ポスター、TV・ラジオCM、新聞・雑誌等で共通のイメージ戦略を展開。事業の周知徹底を図る展開を企画・制作した。また長期にわたる調査でも常に気に留めてもらえるよう、年2回発行の冊子[こぴっと通信]、記念グッズや検診のリーフレットなど、参加者の成長に合わせた変化に対応する制作物を企画・制作。

詳細はこちら

甲斐の国 風林火山博/武田の時代のなぜ?なに!展

甲斐の国 風林火山博 甲斐の国 風林火山博

日本の礎を築いた山梨出身の偉人たちをわかりやすく紹介する常設展をプロデュース

大河ドラマ「風林火山」の舞台となった山梨県及び甲府市が実行委員会を組織し地域の人々が力を合わせ開催。ネオスペース代表の樋口光仁が統括プロデューサーとして全体企画制作に関わる傍、メイン展示となる風林火山をテーマとしたオリジナル展覧会をテレビ山梨事業部とネオスペースが共同制作。キーコンセプトは「武田の時代10の謎と7つのエピソード」。郷土史家の研究を基に、武田家と、関わる逸話や歴史を興味深くわかりやすく展示。〈航空写真に武田家臣団の屋敷図を重ねた床面マップ〉〈武田一族の居城・躑躅ヶ崎館のジオラマ〉〈科学的に復元した山本勘助の声〉等の体感型展示に加え、〈狼煙リレーゲーム〉など参加型展示も導入。地域の物産展の賑わいなどと相まって、有料入場者数48 万6 千人を記録する大ヒットイベントとなった。

詳細はこちら

風林火山Garden /やまなしおどろき!偉人館

風林火山Garden 「やまなしおどろき!偉人館」2008 風林火山Garden 「やまなしおどろき!偉人館」2008

日本の礎を築いた山梨出身の偉人たちをわかりやすく紹介する常設展をプロデュース

信玄公の精神性を受け継いで日本を動かした山梨県人を紹介し、数多くの貴重な写真とともに歴史にふれながら、山梨県民が知っているようで詳しくは知られていなかった偉人たちの横顔に迫る。子どもから大人まで楽しく学べる、懐かしくて為になる常設の展覧会とした。山梨県民情報プラザ。地方博である甲斐の国 風林火山博跡を活用した「風林火山ガーデン」内の常設展示としてネオスペースがプロデュース。山梨大学 斉藤康彦教授の監修により構成。(cl, 山梨県)

詳細はこちら

風林火山Garden /風林火山なるほど!時代館

風林火山Garden 「風林火山なるほど!時代館」2008 風林火山Garden 「風林火山なるほど!時代館」2008

キーワードで知的好奇心を刺激!風林火山をテーマとした常設展をプロデュース

「武田の時代をもっと知ろう!」をテーマに、甲斐の国 風林火山博の際制作した躑躅ケ崎館のジオラマや、狼煙リレーゲームなどを、別な監修者による視点の見解とともにリノベーション。新たに「信玄 戦国最強の証明」など、12 のテーマから学ぶ武田氏の秘密や、川中島の合戦を描いた「川中島合戦図屏風(複製)」を特別展示。地方博である甲斐の国 風林火山博跡を活用した「風林火山ガーデン」内の常設展示としてネオスペースがプロデュース。歴史研究家の平山 優氏に監修を依頼。(cl, 山梨県)

詳細はこちら

やまなしブライダル&ニューライフ フェスタ2007Medétta in アイメッセ山梨 Produced by NEOSPACE

やまなしブライダル&ニューライフ フェスタ Medétta in アイメッセ山梨 2007 やまなしブライダル&ニューライフ フェスタ Medétta in アイメッセ山梨 2007

山梨県立の展示交流施設10周年記念イベントをプロデュース。驚異的入場者数を記録。

展示交流施設「アイメッセ山梨」の新たなイベントスタイルを開発。特設ステージ+ フードコート+ 展示販売ブースの構成。ステージでは、2 日間の開催期間中絶え間なくファッションショーや音楽ライブなどのイベントを開催。都内のクラブシーンなどで活躍中のVJ(ヴィデオジョッキー)を起用して高品位なステージを構成。展示販売ブースには、山梨初!ブライダル&ニューライフ関連企業が一堂に集結!県内ブライダル関連企業12 社、ニューライフ関連企業33社が出展。日替わりで話題のゲストを迎えるスペシャルトークショーを展開し、FM-FUJIで公開LIVE 放送を実現。アイメッセ山梨の入場者記録を塗り替えた。(アイメッセ山梨・FM-FUJI・ネオスペース共同事業)

詳細はこちら

展示会ブース空間演出事例

展示会・見本市 空間演出事例 展示会・見本市 空間演出事例

ネオスペースの空間デザイン担当ディレクターの全国での実績例の一部を紹介。

株式会社ネオスペースの空間デザイン担当ディレクター羽部康将は、主に展示会ブースの企画演出デザインを担当。大小イベントから博覧会やショウルームなど空間演出を通したブランディングやプロモーションを目的としたデザインをメインに多くのプロジェクトに参画している。

詳細はこちら

スポンジ・ボブ/ハッピーライフ展

スポンジ・ボブ/ハッピーライフ展 2012 スポンジ・ボブ/ハッピーライフ展 2012

アメリカで1999年の放送開始以来、子供だけでなく大人までも虜にしたアニメの世界を、登場キャラの目線で体験できる体感型展示を展開。

スポンジ・ボブが住むビキニタウンを再現した会場では、不思議な風景の街を歩き回り登場人物になった気分で「スポンジ・ボブ」ワールドを体感。アニメのハチャメチャなおもしろエピソードに合わせ、パネルのスリットから覗いて楽しむワクワク感あふれる展示方法も展開。また、他では手に入りにくいスポンジ・ボブのグッズを取り揃えた期間限定ショップをオープンし、多くのファンから歓迎された。

詳細はこちら